アプリから解約手続きができるようになりました(ウェイター・アプリver.2.15.0)

製品リリース情報
アプリ 2.15.0

2022年3月7日
ウェイター・アプリ ver.2.15.0 をリリースいたしました。
更新内容は以下の通りです。

アプリ側のアップデートのため、ご利用端末から最新版へのアップデートをお願いいたします
『アプリの自動更新』をONにしている場合、リリース後に順次アップデートされます
機能改善

1

アプリから解約手続きができるようになりました

『設定 > アカウント情報』に『解約申込ページを開く』ボタンを設置しました。
ボタンをタップすると、確認画面が表示され『はい』をタップすることでログインページが開きます。
同一契約IDのマイページから契約変更まで行えるユーザーのアカウントで再度ログインすると、解約手続きが可能となります。

2

会計伝票印刷の設定項目の並びを修正しました

アプリの『設定 > 端末設定 > 印刷詳細設定』内の項目を、実際に会計伝票へ印字される順序に合わせて整理しました。

【変更内容】
「お好みオーダー印刷」と「コース内容印刷」を入れ替え
「会計バーコード印刷」と「割勘金額印刷」を「税率の内訳印刷」の下へ移動

3

コースのセクション内のメニューが存在しない場合のエラーメッセージを変更しました

コースメニューを注文する際に、セクション内のメニューがすべて、『適用開始日時が未来になっている』『取扱店舗にチェックが入っていない』などでアプリに同期されていない場合、これまでは注文操作の再操作を促す内容のエラーメッセージが表示されていました。

今後は、コースメニューを選択した際に、『注文可能なメニューがないため注文できません。』という理由と注文可能なメニューがないセクション名を示すエラーメッセージを表示します。

4

トップ画面とテーブル一覧画面でデータ同期が行えるようになりました

『設定 > 端末設定 > 表示』に『同期ボタン』を追加しました。

【iPad / iPhone / iPod touch】
『同期ボタン』をONにした場合、テーブル一覧画面の右上に表示されている同期ボタンをタップすると、『データ管理』画面が表示され、『店舗』『メニュー』『注文』の同期が行えます。
【iPhone / iPod touch】
『同期ボタン』をONにした場合、トップ画面の右上に同期ボタンが表示されます。
同期ボタンをタップすると『データ管理』画面が表示され、『店舗』『メニュー』の同期が行えます。

不具合修正

1

特定の状況下で他端末から注文した内容が注文伝票に反映されない不具合を修正しました

下記の条件のとき、端末Aで注文を受けたときの注文伝票の注文済小計に、端末Bで受けた注文の金額が反映されるようになりました。

【発生条件1】
1. 端末Aでテーブル1を選択した状態にしておく
2. 端末Bでテーブル1の注文を受ける
3. 端末Aでテーブル1の注文を受ける
【発生条件2】
1. 端末Aでテーブル1の注文を受けたあとテーブル一覧に戻す
2. 端末Bでテーブル1の注文を受ける
3. 端末Aでテーブル1を選択し、ネットワークエラーが発生して注文情報の取得に失敗する
4. 端末Aでテーブル1の注文を受ける

2

会計明細印刷の設定がOFFの際でも、「お好みオーダー印刷」「コース内容印刷」のスイッチが使用できる不具合を修正しました

3

税率適用ラベルが未登録の場合に、軽減税率[選択]の選択ボタンラベルが空になる不具合を修正しました

税率適用ラベルが未登録でも、軽減税率[選択]の選択ボタンラベルに「イートイン」「テイクアウト」が表示されるようになりました。

4

端末の言語設定が日本語の状態で、アプリ全体の言語を「English」から「Unsetting」に変更すると、「Unsetting」と表示されたままになる不具合を修正しました

端末の言語設定に従い、「未設定」と表示されるようになりました。

5

端末の言語設定が日本語の状態で、アプリ全体の言語を『English』に変更しても、『Account info』の『管理画面URL』『メールアドレス』が日本語で表示される不具合を修正しました

アプリ全体の言語設定に従い、英語で表示されるようになりました。

6

iPhoneで子カテゴリーの開閉アイコン周辺をタップしても反応しない不具合を修正しました

7

iPad(横向き状態)で子カテゴリーの開閉アイコン周辺をタップしても反応しない不具合を修正しました


以上です。
今後とも、スマレジ・ウェイターをどうぞよろしくお願いいたします。